<< 今日のヒナ 紫陽花のドライフラワー >>

怖い絵展

d0273092_1547279.jpg









上野の森美術館で開催されている、
今話題の「怖い絵展」に行って来ました。






様々な恐怖をテーマにした全6章で構成され、
描かれている恐怖を読み解くヒントが
全作品に添えられているので、
美術鑑賞初心者の私でも、
十分に理解して楽しむことができます。





作品の背景を知ることで、
怖い絵を、ただ怖いと感じるだけでなく、
より深く、本当の怖さの意味を味わうことができます。






d0273092_15473443.jpg

*画像お借りしています。






監修・中野京子氏 と 
女優・吉田羊さんの音声ガイドは
絵の中の世界へ連れて行ってくれるような語り口で、
これから行ってみようか・・・と、思う方がいらっしゃいましたら、
是非!! お勧めです。






d0273092_1548935.jpg

*画像お借りしています。




さて・・・・


「怖い絵展」の様々な展示されている絵画の中で、
一番印象に残った作品は
こちらの
ポール・ドラローシュ作
「レディ・ジェーン・グレイの処刑」。



政争に巻き込まれ、
望みもしない女王への道を歩まされるも束の間、
わずか9日間で処刑される残酷な運命を、
若き16歳の少女が覚悟を決める瞬間のこの一枚は、
作品の描かれた時代背景や
人物を理解することで、
絵でありながらフリーズすることなく、
まるで映画のワンシーンを観ているような・・・・



圧倒的な迫力で
動き出して語りかけてくるようでした。





今まで、
私にとって美術館は
かなり敷居が高い場所でしたが、
今回、「怖い絵展」で、
絵画の面白さを少し理解することができたように思います。


機会があれば
美術館へ足を運び、
絵画を楽しむ時間を作りたいと思います。















人気ブログランキング
[PR]
by okusamasamansa | 2017-11-17 16:23 | お出かけ
<< 今日のヒナ 紫陽花のドライフラワー >>