植物を育てる

夏休みに入った娘の“朝の日課”は、あさがおに水を撒くことです。

d0273092_22374122.jpg
































私も1年生の夏休みに、あさがおの観察日記が宿題で、今日は何個花が咲いているだろうかと
わくわくしながら育てたことを思い出します。

今朝も、今日は青い花とピンクの花が咲いているよ!!と、
とても嬉しそうでした。

d0273092_2256420.jpg
































ちなみに、昨日はピンクの花が3つ咲いていました。
毎日次々と 咲いてはしぼんで、色違いの花まで咲かせて楽しませてくれるあさがお。
観察しがいのある植物です。

d0273092_232346.jpg




































娘が観察日記を書いていると、突然・・・・・・・・・
見て見てお母さん、実がなっているよー!!と。
あれれ? あさがおって実がなるっけ・・・・・・???
慌ててベランダに出てみると、

d0273092_2317248.jpg


ベランダで育てている、オリーブの木の実のことでした。
いつもお水をあげてお世話していたのに、娘に言われるまで全く気が付きませんでした。
我が家のベランダで育て始めて3年ほどたちますが、今まで全く実をつけたことが無かったので、
なんだかとても嬉しくなりました。
植物を育てるのは大変ですが、花を咲かせてくれたり実をつけてくれると、
自分に答えてくれているようで、愛おしくなります。
子育てと似ていますね。

d0273092_23182570.jpg

[PR]
# by okusamasamansa | 2012-07-24 23:36 | こども | Comments(0)

椅子たち

椅子とは、人が座る際に使う道具です。
座り心地の良い椅子は、時間がたつのも忘れてしまい、時には眠りをも誘ってしまうほど・・・・・

生活になくてはならない家具です。

しかしながら椅子は、「見せ場」を作る家具でもあります。

d0273092_141652.jpg




































こちらの椅子は、イームズのもの。
積層合板による曲面の成形は、高度な技術が必要とされ、完成度の高さと曲線美が話題となって、1946年にMOMAで開かれたチャールズ・イームズの個展で公開され、注目を集め20世紀のベストデザインとして、タイム誌に掲載された人気の椅子です。
座り心地はもちろんのこと、とても木製の椅子と思えないほどの、曲線を描くような木のなめらかなデザインが、我が家のリビングの片隅に置かれていても存在感があり、暗くてつまらなくなりがちなコーナーのインテリアを引き立ててくれます。

d0273092_1452786.jpg

こちらもイームズの代表作であり世界中で愛されているアームシェルチェアです。
どこからみても美しいフォルムですが、脚の美しさは一番ではないかと思います。
我が家のものは、キッズサイズの復刻版を使用しています。
子供部屋に飾っている、Savignacのポスターとよくあいます。

現在、娘のランドセル置き場となっていますが、時々座って絵本を読んでいることも。

子供が座っても絵になる椅子です。










こちらは、ジャン・プルーヴェのスタンダード・チェアです。
後ろ脚が三角形の形は、力を吸収して快適に座れるために生まれた必要最小限のフォルムだとか。

d0273092_15292354.jpg

この椅子に出会った時、学校で使っていた教室にある椅子を思い出しました。
懐かしくて、スタイリッシュなデザインがとても魅力的です。

子供部屋に置いてある、娘の机の椅子として使用しています。
木製の机ですが、脚が黒のスチール製なので、まるでセットで購入したかのようにぴったりと合います。

カラフルではあるけれど、色が溢れかえってしまいがちな子供部屋に、ひきしまったコーナーを演出してくれます。














そして、ベランダで使用しているこちらは、ヴェルナー・パントンの名作
パントンチェアです。

d0273092_16122956.jpg

この椅子の特徴は、なんといってもこの曲線美!!
プラスティック製でありながら、背中からお尻にかけてフィットするような座り心地です。
長い時間座っていても疲れません。
ビールを飲みながら、夏の夕涼みにも最適です。

リビングからもよく見える場所なので、窓越しにみえるこの椅子のフォルムが、
インテリアセンスをアップしてくれます。


















最後にご紹介するこちらの椅子は、カルテルのスツール プリンス・アハ です。
デザイナーはピエールカルダンのアートディレクターでもあった、フィリップ・スタルクです。
ソファーやベッドサイド、コーヒーテーブルとしても使える機能的なスツールです。
座面がふたの様に開ける事が出来て、ちょっとした隠し収納にもなります。
我が家では、ヒナの洋服や、遊びおもちゃなどを入れています。
スツールは、ヒナのトイレの近くに置いているので、座面の上にはおしっこシートを入れたかごを置いて、取りやすい様にしています。
スタイリッシュなデザインなので、近くにあるトイレの存在を薄くしてくれる優れものです。



d0273092_16381615.jpg

このように、椅子は座るだけの道具・家具だけだはなく、部屋の「見せ場」をつくるインテリアエッセンスなのだと私は思うのです。
[PR]
# by okusamasamansa | 2012-07-24 17:14 | インテリア・収納 | Comments(1)

バレエとオーケストラ

d0273092_2219146.jpg

今日は、財団法人日本フィルハーモニー交響楽団主催:第38回日本フィル 夏休みコンサートに行って来ました。

第1部は、これぞオーケストラ!!という、ベートーベンの運命から始まり、他4曲の有名クラッシック音楽をたっぷりと聴かせてくれ、第2部では、チャイコフスキーの白鳥の湖をオーケストラの演奏と共に、スターダンサーズ・バレエ団の踊りで楽しませてくれ、第3部で、子供のアニメソング演奏なども取り入れた馴染み深い曲で、会場の観客を喜ばせてくれた、3部構成のコンサートでした。

d0273092_22484376.jpg
(*画像お借りしています*)

娘のお目当てはもちろん、第2部のバレエ。
どうしても、白鳥の湖が観たいということで、生オーケストラの演奏を聴きながら、プロのダンサーの踊りを観る事が出来る、このコンサートに連れて行くことにしました。

白鳥の湖は、全幕2時間30分の作品ですが、約40分にまとめてあり、途中解説もあってとてもわかりやすく、小学生の子供でも十分に楽しむことが出来ました。

d0273092_232998.jpgコンサート終了後、沢山感動を得た娘の後ろ姿が、なんだか少し大人っぽくみえました。
気のせいですね・・・(笑)

今日ここで感動したことは、またひとつ夢や憧れにかたちを変えて、ずっと心に残るといいなと思います。






















家族でいい思い出が出来ました。

d0273092_2313284.jpg

[PR]
# by okusamasamansa | 2012-07-21 23:18 | お出かけ | Comments(0)

インテリア・レシピ

d0273092_10415124.jpg


我が家では、“心地よさ”を大事にするため、できるだけ物を増やさないように心がけています。

とはいえ、現代社会では、常に“これ素敵でしょ~” “これすごく便利よ~”
という誘惑や刺激的な情報があふれていて、
インテリア雑貨好きな私は、ちょっと気を抜くとその物たちに埋もれてしまい、
「整理しなきゃ!!」ということになってしまいます。

まずは自分や家族にとって、本当に必要かどうかを問いかけながら、慎重にものを選びたいものですね。


娘が生まれる前までは、殺風景なわりとオトコマエなインテリアでした。

住まいは、生活するだけの場ではなく、家族と一緒に思い出を刻む大切な場所。
子供にとっては、シンプルだけではきっとつまらないのでは?? と思い、

部屋のあちらこちらに、動物デザインの雑貨を取り入れています。

d0273092_11571525.jpgd0273092_11584440.jpg

















d0273092_1211998.jpgd0273092_1234152.jpg













d0273092_125750.jpgd0273092_1273713.jpg













d0273092_128521.jpgd0273092_12113874.jpg
引き出しを開けると、カエル
                                      は気持ちが悪いですね・・・・。



d0273092_12163076.jpgd0273092_13562418.jpg

キッチングッズにも動物デザインを取り入れて楽しんでいます。














d0273092_1412211.jpg
これは、娘のお気に入りのうさぎのランプ。
電池式なので、何処にでも飾る事ができます。






























d0273092_14183220.jpg
(ムーミンは、確か・・・・・・・・、カバではなくて妖精でしたよね???)




子供が生活に加わることで、遊び心もプラスされました。
シンプルだけど遊びがある、子供も大人も心地よいと感じられる 「我が家らしいインテリア」を
これからも作っていけたらいいなと思っています。
[PR]
# by okusamasamansa | 2012-07-20 14:26 | インテリア・収納 | Comments(0)

BREAK TIME


d0273092_1427236.jpg











































アイスコーヒーと焼きチョコ。
甘いもの好きな私。
これさえあれば満足です。

家事を済ませた後、お気に入りのJAZZを流しながら
しばしのCOFFEE・BREAK。



では、娘が帰ってくる前に、
もうひと頑張りしてトイレ掃除もするとしますか。


主婦の仕事には、終わりがありませんよね・・・・・・・・。
[PR]
# by okusamasamansa | 2012-07-19 14:58 | おやつ | Comments(0)